MENU

CLOSE

ムダ毛の自己処理はリスクが高い?!脱毛サロンのメリットを解説

ムダ毛の自己処理はリスクが高い?!脱毛サロンのメリットを解説

65views

カテゴリ:ムダ毛の自己処理と脱毛サロン

ムダ毛を自己処理するリスクについて

剃刀・シェーバー

ムダ毛を自己処理する場合の代表的な方法の一つが、剃刀やシェーバーなどを使用したムダ毛処理です。石鹸などの潤滑剤でお肌の滑りをよくしてから、剃刀などの刃でムダ毛を除去します。お手軽で安上がりな方法ですが、お肌にダメージを与えるというデメリットが存在します。

そして、剃刀などの刃がお肌を傷つけることが原因で炎症や赤みなどの肌トラブルが発生したり、お肌をダメージから守るために分泌されたメラニン色素が綺麗に排出されず色素沈着を起こし、お肌が黒ずむ場合などがあります。

さらにムダ毛処理の途中で間違ってお肌に切り傷を作ると、雑菌が侵入して傷口が化膿する可能性があります。そして、症状が重い場合には、皮膚科で局所麻酔を使用した手術を受ける必要が出て来る場合もあります。

毛抜き

ピンセットなどで1本ずつムダ毛を抜く方法です。剃刀やシェーバーを用いたムダ毛処理と並んで一般的なムダ毛処理の方法ですが、多くのデメリットが存在します。その一つが肌トラブルであり、ムダ毛を強引に抜き取ることで毛穴が開く場合があります。

そのため、お肌がブツブツの目立つ、鳥肌のような状態になる場合があります。また、しっかり抜き取れなかったムダ毛が皮膚の下に残ることでお肌が黒ずんで見える、埋没毛と呼ばれる状態になる可能性もあります。

除毛クリーム

除毛クリームとは、強力なアルカリ性の薬剤がタンパク質を溶かす作用を利用して、ムダ毛を処理する製品です。通常は4日から5日程度の間隔をあけながら、繰り返しお肌に塗布して脱毛を行います。

しかし、除毛クリームに含まれているアルカリ性の薬剤がムダ毛だけではなく、お肌にもダメージを与える場合があります。そのため、お肌との相性によっては肌荒れなどのトラブルが発生する可能性があります。

また、使用者の体質によっては除毛クリームに含まれる成分が原因で、アレルギー反応が起きる場合もあります。

脱色剤

脱色することでムダ毛を目立たなくする方法です。しかし、脱色剤には除毛クリームよりも刺激が強い成分が含まれているため、脱色剤の使用が原因で痒みやかぶれなどの肌トラブルが発生する場合があります。

また、表皮から露出している部分を脱色するだけなので、ムダ毛が伸びるとすぐに下の黒い部分が目立つ状態になります。

脱毛サロンのメリットについて

ムダ毛を薄くできる

ムダ毛を自己処理する方法の基本は、表皮から露出したムダ毛を除去することです。そのため、一時的にムダ毛が目立たなくなりますが時間が経つとすぐに伸びるため、短期間に何度もムダ毛を処理する必要があります。

しかし、脱毛サロンが行っている光脱毛という脱毛方法は、メラニンに反応する光を照射することでムダ毛の根幹である毛母細胞にダメージを与えます。

そのため繰り返し施術を行うことで、一時的にムダ毛を処理するだけではなく、徐々にムダ毛を薄くて目立たない状態に変えたり、生えにくくする効果が期待できます。

お肌のトラブルが少ない

ムダ毛を自己処理すると、刃や配合されている薬剤などが原因でお肌が傷つきます。そのため、痒みやかぶれ、お肌の黒ずみといった、様々な肌トラブルが発生する可能性があります。

しかし脱毛サロンで行われている光脱毛は、メラニンに反応する光を照射することで毛根にダメージを与える脱毛方法です。そのため、ムダ毛を自己処理する場合と違ってお肌に余計なダメージを与えません。

費用が安い

ムダ毛処理に高い費用をかけたくないという理由でムダ毛を自己処理する方がいますが、脱毛サロンは他の脱毛施設と比べて安い価格で脱毛が行えるというメリットがあります。

例えば脱毛クリニックで脱毛を行う場合と比較すると、一般的な脱毛サロンでは半額程度の費用で脱毛が行えます。また、数多くの脱毛サロンが存在するため価格競争が激しく、常にお得な料金でサービスが提供されています。

さらに各店舗がセット割引やWeb予約割引などのサービスを充実させており、それらを利用することでより安い料金で脱毛が行なえます。また、数百円で脱毛を体験できるお試しコースも用意されているため、料金に見合う効果が得られるのか心配な方は、本格的な脱毛を行う前に、お試し脱毛で、その脱毛効果を確認できます。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事