MENU

CLOSE

通う前に知りたい!脱毛サロンはどんな概要で脱毛するの?

通う前に知りたい!脱毛サロンはどんな概要で脱毛するの?

301views

カテゴリ:脱毛体験口コミ情報

脱毛サロンは周毛期を理解した上で脱毛してくれる

毛周期(周毛期)とは

脱毛サロンは、ただ闇雲に脱毛しているわけではありません。 ムダ毛にはサイクルが存在しており、それを周毛期と呼んでいるのですが、 それを理解した上で脱毛に取り組んでいるのです。 特に、全身脱毛をする時には周毛期の把握は必要不可欠となっています。

周毛期は3つのサイクルに分かれている

周毛期は、 3つのサイクルに分けることができます。

  •  毛が生えてくる「成長期」
  •  成長が止まって抜け落ちる「退行期」
  •  発毛がストップしている「休止期」

の 3つです。この周毛期は、身体全体が一定のサイクルになっているわけではなく、身体の部位によって違いがあります。 年齢にも個人差が出てくるので、 脱毛サロンでの脱毛コースの部位によって、脱毛回数の違いがあるのはこのためです。

どのような脱毛方法が存在しているのか?

サロンでの脱毛方法で一番多いのは光脱毛です。他にも、クリニックで採用しているレーザー脱毛やニードル脱毛と言ったいろんな方法が存在しています。カミソリを利用して脱毛することもありますが、それは、セルフケアでの剃り残しのような小さなムダ毛の場合だけです。 基本的には独自の方法を採用しているクリニックが 多くなっています。

  •  光脱毛について

あらゆる脱毛方法の中でも、光脱毛は広い範囲を短い時間でムダ毛処理できるので、社会人としてバリバリ働いている忙しい女性にも人気の脱毛方法です。 肌にかかる負担が少ないので、痛みが小さいのも魅力的です。料金も比較的リーズナブルになっています。 脱毛サロンに通うペースはどのぐらいかと言うと、脱毛したい部位にもよりますが、3ヶ月に1回のペースが 平均的です。

  • レーザー脱毛について

クリニックで ムダ毛処理を 行う場合には、レーザー脱毛を 採用していることが 多いです。 レーザー脱毛は 強力な脱毛効果が期待できますが、料金がやや高いのが気になるところ。 しかし、その代わり光脱毛よりも短時間で終了するケースもあります。

  • ニードル脱毛について

光脱毛やレーザー脱毛は色素沈着している肌には使い勝手が悪いです。 だから、極端に日焼けしている肌に対しては、あまり効果を期待できない場合はあります。しかし、ニードル脱毛なら色素沈着している肌でも 脱毛することができるのです。

しっかりとした太いムダ毛はもちろんのこと、産毛に対する脱毛効果も高いです。しかし、肌へのダメージが大きいのがデメリット。 口コミでは、強い痛みを感じる女性も多いので、 ニードル脱毛は慎重に選んだ方がいいでしょう。

脱毛サロンなら肌の負担をなるべく減らす努力もしてくれる

ジェルで保湿をしながら脱毛

セルフケアで脱毛したことある女性は 多いと思いますが、 肌トラブルを 起こした経験も あるのではないでしょうか? 赤くかぶれてしまったり、 カサついてしまったり、 出血したり、、、。 脱毛というのは、綺麗に行うのはとっても難しいものなんです。

しかし、脱毛サロンなら、そんな肌トラブルをなるべく起こさないように、配慮しながらムダ毛処理をしてくれます。 具体的にどんな方法を とっているのか見ていきましょう。

たっぷりとジェルを塗って肌を守る

肌にダメージを与えないように、きれいに脱毛するには、肌の保湿を行いながら 脱毛していくことが大切です。そのため、脱毛サロンでは、独自開発の脱毛ジェルを 使っているケースも多く見られます。それを脱毛する部位に たっぷりと塗って保湿を行うのです。 セルフケアで肌トラブルを起こしやすい女性は、このお肌に対する下準備が疎かになっているケースが見られます。

脱毛が終わった後のアフターケアも してくれる

脱毛サロンなら、 脱毛が終わった後に、脱毛が終わった部位の冷却も してくれます。 このアフターケアで 脱毛処理した後の毛穴を引き締めるのです。まるで、最初からムダ毛がなかったかのような、つるつるでプルプルな美肌に仕上げることも夢ではありません。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事